自主学習ノート_旧暦について調べよう

旧暦についての自主学習ノート 社会・理科・その他

カレンダーを見ると「1月」「2月」とは別に「睦月」「如月」と書いてあることに気付いた息子。何月が何と呼ばれているのかを調べ、自主学習ノートにまとめてみることにしました。



旧暦について調べよう_自主学習ノート

旧暦についての自主学習ノート
一問一答クイズにチャレンジしてみよう!

旧暦とは?

現在、 太陽の動きをもとにして作られている「太陽暦」が使われており、 太陽暦が明治6年に採用される以前の日本では、月の満ち欠けをもとに、季節をあらわす太陽の動きで作られた「太陰太陽暦」が使われていました。
新しく採用された暦を「新暦」、 太陽暦への改暦の直前に使われていた古い暦を「旧暦」と呼ぶようになりました。

旧暦の由来

旧暦の月呼び名由来
1月 睦月(むつき) 親族一同集って宴をする「睦び月(むつびつき)」の意
2月 如月(きさらぎ) 寒さが残っていて、衣を重ね着する月の意・ 衣更着(きさらぎ)
3月 弥生(やよい) 木草弥生い茂る (きくさいやおいしげる )月の意
4月 卯月(うづき) 卯の花が咲くころ、田畑に苗を植える月(植月・うづき)の意
5月 皐月(さつき) 早苗(さなえ)を植える月の意
6月 水無月(みなづき、みなつき) 水の月(「無」は「の」を意味する)で、田に水を引く月の意と言われる。
7月 文月(ふみづき、ふづき) 稲の穂が実る月の意
8月 葉月(はづき、はつき) 木々の葉落ち月の意
9月 長月(ながつき、ながづき) 夜長月の意
10月 神無月(かんなづき) 神の月(「無」は「の」を意味する)の意
11月 霜月(しもつき) 霜の降る月の意
12月 師走(しわす) 師匠といえども趨走(すうそう、走り回る)する月の意

コメント